【上京するならシェアハウス】気になる仕組みとは?

いま東京では、これまでになかったシェアハウスという暮らし方が流行しています。物件の数は全国2744件あり、その4分の3は東京都内の立地にあり、年々増え続けています。

今回は、そんな東京で流行しているシェアハウスについての仕組みをご紹介していきます。

 

シェアハウスの管理・運営には事業者が存在する

まずシェアハウスの大きな特徴は運営事業者が管理しているということろです。物件の維持・管理や入居者の管理を行う運営事業者があり、入居者は運営事業者と契約を結ぶことで住むことができます。

よく「ルームシェアとの違いがわからない」という声を聞きますが、ルームシェアをしている場合は、誰か1人が代表として物件を借り、それをシェアメイトに又貸ししてい場合が多いのです。

つまり、簡単に言うと第三者や企業による「管理人」がいるわけではなく、住んでいる人同士で管理し、運営する形態です。

ルームシェアと違いシェアハウスは、運営事業者が管理・維持をすべて執り行ってくれるため、自分たちで細かな管理をする必要がありません。

 

シェアハウスは賃貸契約を交わす

基本的にシェアハウスはコミュニケーションある賃貸住宅ですから、入居者には運営事業者と入居者の間で賃貸借契約を交わします。

契約に関しては、敷金・礼金の代わりにデポジットと呼ばれる保証金を運営事業者に預けるスタイルが一般的です。デポジットは退去時には返ってくる契約ですが、もし部屋の設備を破損してしまうと返却されません。

あとは、毎月の家賃とシェアハウスのための共益費を支払います。

 

基本的にプライベートの個室がある

ほとんどのシェアハウスは、以前使われた寮やマンション、民家等で使われた建物をリフォームして運用されています。

入居者は基本的にプライベートのある個室で生活し、リビング、キッチン、トイレ、風呂、洗濯機などいった設備だけを共有します。人気のポイントとしては、ワンルームの賃料と同等の値段で広々とした共有ルームを使用できること。

もちろん、共有ルームを利用していれば、他の入居者と自然と交流できるのが面白いところ。異種業種の方とシェアハウスを起点に様々なコミュニケーションが出来ます。

 

設備共用の分、スペックの高かったりオシャレな物件もある。

実はシェアハウスでは、東京を中心に全国的に広がりつつあるため、数年前からオシャレな物件が次々とトレンドに鳴っています。入居者どう知っで生活設備を共同利用する代わり、その分だけ豪華な設備が提供できるのがシェアハウスの特徴です。

「ワンルームのデザイン物件にはともて手が届かない、でもお洒落な物件で理想の生活をした」そんな、ありがちな願いも叶えてくれるのがシェアハウスなのです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回のご紹介でシェアハウスの大体の仕組みを分かって頂けたかと思います。さきほど申したとおりシェアハウスでは、東京を中心にどんどん拡大しつつあります。加えて2010年には東京オリンピックが開催されるので国内外問わず次々と移住者も訪れています。そのため、シェアハウスの市場も今以上に伸びることは間違いありません。

シェアハウスを選ぶことで、きっとアナタの上京生活がかなえられることでしょう。

もし、今から上京を考えるのであれば、一度その道のプロに相談してみてはいかがでしょか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

転職して上京するための費用

【はじめての一人暮らし】効率的な部屋の3つの探し方

NO IMAGE

シェアハウスとは?

シェアハウスを入居する前に必ず1度は内見をしよう

NO IMAGE

シェアハウスに種類ってあるの?

NO IMAGE

上京後でも友達はできるのか?