シェアハウスに住むための条件とは?


今回は、シェアハウスに住むための条件、合う人の条件をまるっと書いていきたいと思います。

是非シェアハウスを選ぶ際に参考にしてください。

 

ネットでシェアハウスを探せる場合は?

まず、シェアハウスは普通の不動産屋さんでは、ほとんど取り扱っておりません。

多くは、シェアハウス専用の不動産があり、そこから物件を探すことがおすすめです。インターネットで「シェアハウス」と検索すればすぐに何社か出てきます。

ちなみに、私がオススメするシェアハウスの不動産会社は3つです。

それぞれの会社で取り扱っていない物件もありますので、シェアハウスを探すして見たい方は、是非活用してみて下さい。

シェアハウスに住むための条件

シェアハウスに住むには身分証があること

シェアハウスによっても少し違いはあるかもしれませんが、身分の分かるものさえあれば、シェアハウスに住むことができます。身分が分かるものとは、免許証やパスポート、住民基本台帳カードになります。

身分証さえされば大抵の人は住めるので、実家に連絡する必要もありません。そのため、ちょっとワケ有りの人でも住むことは可能なのです。たとえ審査があったとしても、よほどのことがない限りは、誰でも簡単に住むことができます。

外国人の方の場合は、外国人登録証が必要となります。

 

家賃+デポジットが払えるお金がある

多くのシェアハウスは、デポジットを最初に払わなければいけません。デポジットというのは要するに敷金みたいなものです。

シェアハウスに出るときに、基本的には返金されますが、保証として管理会社に預けなければなりません。注意しておいてほしいのは、部屋を汚したらり、家具・家電を壊さないことです。

もし、そうなった場合、デポジットは返ってこないと考えて下さい。

 

シェアハウスに合う人の条件

常に人と接してもそれが苦じゃない人

シェアハウスの魅力の1つなのが、他人との交流です。しかし、人によっては、これが苦痛に感じる方はいらっしゃいます。そういった方には、シェアハウスに住むことは向いていないのかもしれません。

普段は苦じゃないけど、疲れているときには絶対に人に会いたくない。という方は結構疲れてしまうこともあります。逆に、いつでも会話を楽しめる人は、シェアハウス暮らしが楽しいと思います。

 

おおらかな人

他の住人が立てる物音や話し声、笑い声などがあんまり気にならない方はシェアハウスでも大丈夫でしょう。

シェアハウスは部屋同士の壁が薄いことがあり、となりの人の電話が聞こえてくることもあります。普段から、そういったことに慣れているのであれば、問題ありませんが、些細な物音にも敏感な方は、シェアハウスを選ぶ際に、防音設備が整っているのか確認する必要があります。

 

共有することに抵抗がない人

シェアハウスは潔癖症の人には生活が厳しいかもしれません。共有部分である、キッチンやバス、トイレなどに抵抗を感じる人には向いていません。家賃がやすい分、こういったデメリットは付きもの 。

もともと、仕事や学生時代に寮で住んでいた人なら、抵抗は無いと思います。

 

自己管理ができる人

例えば、キッチンに洗ってないお皿を置いたままにしたり、シャワー室の髪の毛をそのままにするような方は、シェアハウスの生活の上でトラブルの元になります。

シェアハウスでは共有すること多いため、マナーを守って生活する必要があります。きちんと自己管理ができて、他の人に迷惑が掛からないようにしましょう。

 

シェアハウスの条件まとめ

シェアハウスに住むための条件は、普段所持している身分証を持っているなら問題ないと理解して頂けたと思います。

それよりも、シェアハウスが自分に合っているのかを見極めるのがポイントです。憧れを持って住み始めたのはいいものの、現実は苦痛の連続の日々だった…なんてことにはなりたくないですよね。

そうならないためにも、自分がどのシェアハウスなら楽しく暮らせるのか、よく考えて選びましょう。

 

 東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

もし、上京を考えているのであれば、まずはTokyoDiveに相談してみてはいかがでしょうか?

TokyoDiveは、上京したい方のために”仕事””住まい”を提供しているので、1人で上京計画をするよりも遥かに効率的に行えます。

 

具体的には、大手不動産会社やシェアハウス業界と連携をしているので、アナタの条件にピッタリの物件を見つけてくれます。

また、仕事に関しても正社員、派遣、紹介、紹介予定派遣と雇用形態も様々なタイプから選ぶことできるため、上京して夢を叶えたいと思っている方でも、無理のない仕事選びが可能です。

 

相談にあたっては、全国に支店を構えているので、お近くの住まいからでも通いやすい思います。また、WEBサイトの登録は無料で電話相談もでき、遠方の方でも対応は可能です。

お金や仕事の都合で上京を諦めている方でも、こういった心強いサポートが付けば晴れて上京できることも不可能ではありません。

 

まずは、どんな仕事があるのか、またどのような物件があるのか、電話相談をして聞いてみてはいかがでしょうか?

 

TokyoDiveに相談をしてみる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一刻も早くシェアハウスに住みたいなら一括問い合わせをしよう

都内で増え続けるペットと暮らせるシェアハウス

シェアハウスの内見をするなら生活設備をチェックしよう

女性でもシェアハウスは大丈夫!女性専用シェアハウスのオススメ

安く上京するならシェアハウスを選ぼう!

シェアハウスで異性と暮らすということについて