シェアハウスにカップル住むメリットとデメリット


恋人と同棲したいけど、お金がないからシェアハウスで同棲しようかな…と考えている方は居ませんか?

シェアハウスでは、1部屋に2名で住むことも出来る物件があります。通常の賃貸物件だと家賃他に高熱費がかかったりして、同棲でもお金はかかります。その点、シェアハウスは月に掛かる家賃や光熱費も決めらているので、生活費は安いのが特徴です。

このようにシェアハウスに恋人で住むことはメリットがありあす。しかし、反対にやはりデメリットもあるため、今回はカップルでシェアハウスに住むことを検討している方のために、メリットとデメリットをご紹介していきます。

カップルで住むメリット

家賃が比較的安く済む

シェアハウスは一部を共有して、それぞれの個室で住むことがほとんどです。そのため月6〜7万円と家賃もかなり安くなります。

そのため、資金がないカップルでも気軽に同棲することができたり、貯金がしやすいメリットがあります。

通常の賃貸住宅では、都内でも駅から数キロ離れた場所であれば8〜9万円で住むことでき、プライベート

近くて便利なシェアハウスをとるか、ちょっと駅から遠くても、広々快適な賃貸をとるか…好みがわかるところですね。

 

ただ、シェアハウスの場合は家電が揃っているところが多いので、その分の費用は圧倒的にお得になります。

共用キッチンに行けば、ガスコンロは使い放題、電子レンジも使い放題です。

 

ある程度大きいところだと、電子レンジは複数置いてあったり、洗濯機を買わないで済むこともできます。

初期費用を抑えたい方は、シェアハウスのほうが確実に抑えられます。必要最低限のものは揃っているので貯金が増えるのもシェアハウスならではですね。

 

共有スペースは清掃業者が入っていることが多い

カップルで暮らすと、めんどくさいのが掃除の分担…。

どっちかがキレイズキで世話好きだと問題ないのですが、二人共ズボラだった場合、部屋は汚くなる一方です。

ですが、シェアハウスの場合は、共有部分の掃除は清掃業者がやってくれるところもありますので、きれな環境が保てます。(個室は自分で掃除が必要です)

 

オシャレな家に住める

ドラマに出てくるような家に住みたいけど、高い家賃は払えない…という場合は、シェアハウスだと叶う可能性が高いです。家賃が安いシェアハウスでも、かなりオシャレな物件がありますので、試しに探してみてください。

 

リビングにビリヤードがあったり、シャンデリアが吊るされたシェアハウスもあります。広々としたリビングで、オシャレなソファに座って雑談を楽しむ…そんないかにもドラマっぽい生活が実際にできちゃうのはシェアハウスならではですね。

 

また、シアタルームやフットサルコートを完備していたり、ネコと一緒に生活できる物件もあります。カップルでお互いの趣味が同じであれば、それにあったシェアハウスに住むことで、さらに仲良くなる可能性もあります。

ただ、住人は他にもいますので、2人の時間を確保できることは難しいかもしれません。

 

カップルで住むデメリット

部屋の壁は薄いことが多い

シェアハウスの場合、普通の賃貸住宅よりも壁が薄いことが多く、結構、となりの部屋の声が聞こえてくることがあります。

同棲となればセックスも日常的ですが、隣人に丸聞こえなんてこともあるのです。

 

部屋が狭いことが多い

2人で一部屋の場合、お互いが部屋にいるときはずっと顔を併せているような状態になります。

たまには1人の時間もほしいという方には大変かもしれません。このため、物件を見学する際は、入った後どういう風に生活をするのか2人で話合って決めることが重要です。

 

部屋以外であまりイチャイチャできない

2人で料理たりしても、キッチンは共有スペースなので、あまりイチャイチャできない可能性があります。

シェアハウスによっては、気にしない人もいますが、場合によっては反感を買う恐れがあります。

 

シェアハウスにカップルで住むということ

いかがでしたでしょうか?カップルに住むのもやはりメリットもあれば、デメリットもあります。

ですから、お互いによく相談してから、納得した上でシェアハウスに住むことを決めて下さい。またシェアハウスは、1人ぐらしよりも異性との距離は近くになります。そのため、恋人を作りたい人もシェアハウスに住むことも考えてみてはいかがでしょうか?

 

もし、物件探しに苦労しているのであれば、一度TokyoDiveに相談してみてはいかがでしょうか?TokyoDiveは上京支援するサービスを行っており、レオパレス21や大手シェアハウスと連携し、物件探しの手伝いをしてくれます。

2人だけで探すとなると、お互いの意見が食い違ってなかなか決まらないこともあると思います。そういうときは、まずは気軽に支援してくる方に相談してみて検討してみてはいかがでしょうか?

 

東京に住んで東京で働く!【TokyoDive】

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

上京するための3つの住まい方法

NO IMAGE

東京の住んでいはいけない場所を選ばない3つの手順

NO IMAGE

上京するメリットって?東京で暮らす4つの魅力

充実したシェアハウス生活をするなら生活設備をチェックしよう!

NO IMAGE

シェアハウスに種類ってあるの?

上京して電車を乗りこなす秘訣