部屋を借りる前に知ってほしい保証人不要の注意点


賃貸物件契約の際に「保証人不要」と記載されていることがありますが、初めて引越しをする方は保証人不要とは、どんな意味なのか疑問になりますよね。

今回は、そんあ「保証人不要」について紹介していきます。

 

保証人不要とは

入居者が家賃を滞納したり、扉を破損して、万が一お金を支払えなかったり場合、代わりに責任をとる「連帯保証人」がいなくてもOKという意味。

保証人不要の場合は、保証会社の利用が必須。

 

保証人がいなくても部屋を借りられるのはなぜ?

賃貸物件を借りる際に、必要となってくるのが連帯保証人。

 

賃貸仏家への入居を希望する人の中には、訳あって親や兄弟などに保証人を頼めない人もいることでしょう。または、非正規雇用などで収入が低い、あるいは失業中、年金生活等といった生活状況から保証人としての収入の要件を満たさない事例もあります。

入居審査は生活に困らない両親がいたとしても、審査の結果、連帯保証人として認められないこともありえます。

一般的にオーナーや不動産会社から連帯保証人は親族を指定されることが多いですが、家賃を滞納したときの責務を引き受ける重い責任のある連帯保証人は、友人や知人には気軽に頼めるものではありません。

 

しかし、保証人が居ない人でも、物件によって保証人代行会社を利用する手段などで、審査が通れば部屋を借りることは可能です。それが保証人不要の正体です。

 

 

保証人不要の注意点

保証人不要でも保証会社の利用が求められることは前述しましたが、それ以外にも利用する上で、いくつかの注意点があるので見ていきましょう。

保証会社に誰でも加入できるわけではない

保証会社も無条件で誰もかも連帯保証人を引き受けるわけでは、ありません。保証会社に加入するためにも、まずは審査に通る必要があります。

保証会社に加入できない場合は、その人の連帯保証人になっても大丈夫か?ちゃんと信用はできるのか?などなど、幾つかの条件を見極めてから保証人を引き受けます。

見極めには保証会社独自の審査があります。審査では「身分証明書」「住民票」「収入証明書」の提出が求められ、勤務先や本人確認のための電話が入ることもあります。

 

保証会社利用料が発生する

保証会社の利用するには手数料がかかります。

保証会社手数料の相場は、入居する物件の家賃の50%〜10%で、初期費用と一緒に払う場合、もしくは月々の家賃に上乗せして払う場合があります。

 

保証会社に法的措置を取られることもある

万が一家賃滞納を起こした場合、契約している家賃保証会社が代わりに返済してくれます。もちろん、家賃保証会社は、その後きっちり返済を求めています。

保証会社は1〜2ヶ月の猶予を与えた後に、法的手続きを用いて支払いを要求してきます。これは、普段から毎月家賃を支払っていれば、問題はありません。

 

賃貸契約をする前に保証人のあり方を考え直そう

いかがでしたでしょうか?

保証人不要と言われると、誰にも知られずにに賃貸契約ができると思いますが、普通に利用するにも利用料がかかりますし、親族の連帯保証人よりも、万が一の対応が厳しくなります。

もちろん保証人不要は問題があるわけではなく、上京したいなら1つの手段として利用してもいいと思います。しかし、上京後に何かのトラブルが起きてからでは、後々後悔することにもなるため、下調べはしっかり行ないましょう。

 

 

もし、上京を考えているのであれば、まずはTokyoDiveに相談してみることをオススメします。

TokyoDiveでは上京したい方のために”仕事””住まい”を提供していまるので、1人で上京計画をするよりも遥かに効率的で楽に行えます。

TokyoDiveでは大手不動産会社やシェアハウス業界と連携をしているので、アナタの条件にピッタリの物件や仕事を見つけてくれます。

相談にあたっては、全国に支店を構えているので、お近くの住まいからでも通いやすいと思います。また、遠方の方でも電話相談を受け付けているので、まずは登録して気軽に電話相談から始めてみてください。

アナタの”上京したい”という気持ちに、きっと力になってくれるはずです。

 

TokyoDiveに相談をしてみる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上京するための3つの住まい方法

敷金・礼金0円の意外なデメリットとは?

【必見】家賃を安くすために知ってほしいこと

初期費用が安い物件のメリットとデメリット

部屋探しで効率的な3つの探し方

初期費用に関して注意しておきたい5つのこと