初期費用に関して注意しておきたい5つのこと


上京するためには、まず住む場所を見つけなくてはなりません。

さまざまな物件を巡り自分が住みやすい場所を探すと思いまが、物件契約の際の初期費用に関して損している方は多いものです。

今回は初期費用に関して注意して欲しい5つのことをお伝えていたします。

 

初期費用の項目に注意

上京する際に必要になる初期費用は大きく分けて2つあります。部屋を借りる費用と、生活必需品を購入する費用です。部屋を借りる場合、月々の家賃以外にも費用が掛かります。

 

具体的には敷金、礼金、仲介手数料、前家賃などがそれぞれ家賃の1か月分ほどかかります。そのほかにも鍵交換費用、火災保険料などが必要です。仮に月々の家賃が8万円ほどだったとすると、部屋を借りる費用の総額は36万円ほどとなります。

洗濯機、炊飯器、電子レンジ、テレビ、洗濯機、ベット、カーテン、キッチン用品一式、バストイレ用品一式など、個人差はありますが、主なものでもこれだけのものが必要で、費用はおおよそ12万円ほどが必要になります。

 

これらを合計すると、上京の初期費用は少なくとも50万円程度と考えておいたほうが良いでしょう。

 

 1.敷金・礼金0円に注意

先ほど敷金・礼金はそれぞれ1カ月分としましたが、場合によっては2カ月の場合もあります。

ところが最近では敷金・礼金0円を謳っている物件も増えています。初期費用はまとまったお金が必要になるので、敷金・礼金がないことは入居時には費用の節約になります。

 

しかし条件によっては必ずしもお得ではない場合があるので注意が必要です。敷金・礼金が0円の場合、その金額が家賃に上乗せされていたり、短期の退去で違約金が発生することもあります。

また、退去時に部屋のクリーニング代や修繕費用を別途請求され思わぬ出費となる場合があります。さらに敷金・礼金が0円は駅から遠かったり築年数が古く住環境が良くない場合もあるので事前の確認が重要です。

 

 2.仲介手数料に注意

仲介手数料は、仲介業者に契約成立の成果報酬として支払うお金のことです。上限は家賃1ヶ月+消費税となっています。

敷金・礼金同様、最近では仲介手数料0円を謳っている場合があります。これは貸主が仲介業者に広告料を支払っていたり、仲介手数料自体を負担している場合があるからで借主にとってはメリットになります。

 

しかしながら場合によっては賃料や入居日を交渉できなかったり、希望に合った物件を紹介してもらえなくなったりするので注意が必要です。これは仲介手数料を減額すると儲けにならない物件で、仮に条件に合っていても紹介してもらえないのです。賃貸契約ではトータルコストで考えることも重要です。

 

 3.事務手数料に注意

事務手数料とは、仲介をしている業者などに支払う手数料を指します。しかしながら仲介手数料でその上限は家賃の1ヶ月分+消費税と触れました。

本来、書類作成などの事務手数料は、仲介手数料に含まれていると考えられます。仲介手数料を上限いっぱいまで支払っている場合にはそもそも手数料が二重にかかっていることになり、事務手数料自体の支払いが必要ない場合もあります。金額を確認し納得がいかない場合は交渉すれば減額になる可能性があるかもしれません。

 

 4.鍵交換費用に注意

鍵交換費用とは、賃貸物件に入居するときに、前の入居者が使用していた鍵を新しい鍵に交換する際に発生する費用のことです。退去時に支払うものではなく、通常初期費用として入居時に必要になります。

 

最近ではセキュリティが高い様々な種類の鍵がありますが、鍵交換費用の相場はだいたい15,000円〜20,000円です。

ただし、新築の場合は前入居者が存在しないので、鍵を交換する必要がありません。仮に新築の物件で鍵交換費用を請求される場合は交渉の余地があるかもしれません。

 

5.保証会社を押させておこう

近年増えているのが家賃保証会社を利用して契約する賃貸物件です。従来は連帯保証人を用意して賃貸契約するのが一般的でした。

 

ところが高齢化社会の進行で、年金生活なので保証人になれないといったようなケースが増えているのです。

家賃保証会社を利用すれば連帯保証人の必要はなくなりますが、初期費用は高くなります。契約時に家賃の0.3カ月から1カ月分程度か、あるいは数万円など固定額を家賃保証会社に支払う必要があります。

 

場合によっては保証人と家賃保証会社の両方が必要というような場合もあるので注意が必要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は上京するために必要な初期費用について、紹介させていただきました。はじめての上京となると、わからないことも多く、知らない間に損していた、というこもあります。

特に初期費用に関しては、大抵の方が損をしていることも多いです。僕自身もその1人です。もし、今後の上京を考えている方は、初期費用で損をしないためにも、しっかり事前調査を行って下さい。

 

 東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

もし、上京を考えているのであれば、まずはTokyoDiveに相談してみてはいかがでしょうか?

TokyoDiveは、上京したい方のために”仕事””住まい”を提供しているので、1人で上京計画をするよりも遥かに効率的に行えます。

 

具体的には、大手不動産会社やシェアハウス業界と連携をしているので、アナタの条件にピッタリの物件を見つけてくれます。

また、仕事に関しても正社員、派遣、紹介、紹介予定派遣と雇用形態も様々なタイプから選ぶことできるため、上京して夢を叶えたいと思っている方でも、無理のない仕事選びが可能です。

 

相談にあたっては、全国に支店を構えているので、お近くの住まいからでも通いやすい思います。また、WEBサイトの登録は無料で電話相談もでき、遠方の方でも対応は可能です。

お金や仕事の都合で上京を諦めている方でも、こういった心強いサポートが付けば晴れて上京できることも不可能ではありません。

 

まずは、どんな仕事があるのか、またどのような物件があるのか、電話相談をして聞いてみてはいかがでしょうか?

 

TokyoDiveに相談をしてみる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上京するための3つの住み方

【はじめての部屋探し】物件情報の見方について

【はじめての部屋探し】上京で失敗しないために部屋探しで大切にしたい6つのポイント

部屋探しで効率的な3つの探し方

敷金・礼金0円の意外なデメリットとは?

【必見】家賃を安くすために知ってほしいこと