【はじめての上京】失敗しないために下見で大切にしたい8つのこと


進学や就職、転職などで上京することが決まったとき、まず最初に取り掛からなければいけないのが生活の基本となる住む場所を探すことです。

楽しいことがたくさんありそうな東京での新生活、そのための大切な場所となれば夢は膨らむものですが、しかしネットなどでお部屋を探し、不動産会社に連絡して実際に下見するとなると、どんなところに注目し、どんな点に注意するべきなのかわからなくなってしまいがちなものです。

玄関やバス・トイレ、収納、部屋の間取りなど、新しいお部屋を下見をするときには、どのようなポイントをチェックすれば良いのでしょうか。

今回はお部屋の下見をするときに、ぜひ注意したほうがいいチェックポイントをご紹介します。

 

1. 玄関

一人暮らしの部屋の場合、意外にチェックが必要な場所が玄関です。広さや靴箱などの収納があるかどうかということだけでなく、プライバシーがきちんと保護されているかどうかを確認しましょう。

オートロックのマンションや、玄関が独立したスペースになっているというのなら安心ですが、そうでない場合には、玄関についている新聞などの投函口から中が丸見えになってしまわないかどうか、その場合は目隠しのついたてやカーテンなどが設置できるかどうかという点もチェックしましょう。

 

また、悪質な場合にはのぞき穴のレンズが細工されているといったケースもありますので、取り外した形跡がないかといったことにも目を配っておくと安心でしょう。

 

2. バス、トイレ

ユニットバスであれば、前に住んでいた住民が退去すると同時にユニット全体を交換したり、本格的な清掃が行われるため、見た目には非常に清潔に見えます。

しかし、見た目ではわからない点もきちんとチェックする必要があります。そのひとつが水圧。マンションやアパートなど、建物や地区によっても異なりますが、蛇口をひねっても水がちょろちょろとしか出ないのであれば困りものです。

また、トイレの設備などによっては、配管が細く、水が流れにくいなどのトラブルが隠れている場合があります。その場合には、水があふれて下の階の部屋を濡らしてしまい、多額の賠償金を請求されることも。

そのため、きちんと水が流れるか、水があふれないかという点を実際に水を流して確かめておきましょう。

 

3. キッチン

キッチンでは、使用されているガスが都市ガスかプロパンガスかも確認しておきましょう。東京ではほとんどの場所で都市ガスが使用されていますが、都市ガスは導入の初期費用がかさむため、アパートなどでは今でもプロパンガスというところもあります。

プロパンガスは初期費用こそ低めですが、月々のガス料金は高めとなり、それは入居者負担となってしまうので、都市ガスかプロパンガスかはきちんと確かめておきましょう。

 

また、キッチンで確かめておきたいのが換気扇。換気扇の性能や内部の汚れ具合は、その建物がきちんと管理されていたか、設備がしっかりしているかのバロメーターとなるため、不動産会社の人に確認の上でブレーカーを入れて、換気扇のスイッチを入れて動作を確認してみましょう。

 

4. 収納

荷物が多い人にとって、重要になるのが収納です。

また、最初は荷物が少なくても、長く生活をする上で荷物はどんどん増えていくもの。今ある荷物が入るかどうかだけでなく、将来のことも考えて収納を確認しておきましょう。

 

そのときに必要なのが、収納の正確な大きさ。実は収納のスペースは建物によってまちまちで、特にクローゼットタイプの場合、奥行きなどが非常に狭い物件もあります。

当然入ると思った洋服も斜めにしなければ入らない、入ってもクローゼットのドアが閉まらないというケースもあります。そのため、できればメジャーなどを持って、深さや奥行きなどを計っておくと、入るはずのものが入らずに大慌てするといったトラブルを防止することができます。

 

5. 窓

窓は部屋の印象を左右する大きな要因です。

また、窓の向きや数によって、家賃が大きく上下する場合もあります。通常は大きく、南向きの日当たりのいい部屋は人気があり、家賃も高くなりますが、単に向きや日当たりだけでなく、自分のライフスタイルと相談することも必要です。

 

日中はほとんど部屋にいなかったり、部屋にいてもその時間は眠っているという人の場合には、昼間どれだけ日当たりがよくてもあまり関係がありません。

 

逆に、とてもお部屋が好きで、時間があればとにかく部屋で時間を過ごしたいという人にとっては、日当たりは重要な問題になります。自分がその部屋でどのような生活を送るか、どの時間にはどうしているかということを具体的にイメージしてみるとよいでしょう。

 

6. ベランダ

お部屋を下見するときには、ベランダもしっかりと確かめておきましょう。

特に大きな道路沿いなどの物件では、音に注意。窓を開けてベランダに出たときと、窓を閉め切ってしまったときを比較すると、防音の効果を確認することができます。

また、ベランダに洗濯機を置くといった物件も少なくありませんが、その場合には洗濯機を置けるスペースが確保されているかどうか、雨に直接当たらないか、排水はきちんと行われているかという点を確認しておきましょう。

 

特に排水口が隣の部屋と共有といったこともあるので、排水口がきれいになっているか、ゴミなどがつまっていないか、水があふれた形跡などはないかということを確かめておく必要があります。

 

7. 部屋全体

部屋の中を見るとき、ぜひチェックしておきたいのが床。

畳やフローリングなど、様々な部屋がありますが、もしフローリングの場合は、傷が付きにくいクッションフローリングか、それとも通常のフローリングかと言うことは確認しておきたいポイント。

フローリングは見た目が清潔なことや掃除がしやすいことなどから人気がありますが、実は非常に傷がつきやすいもの。

イスや机の移動などでも簡単に傷がついてしまいます。もし傷をつけてしまうと、退去のときに高額な修繕費を請求されることもあります。

 

また、部屋の下見のときには音にも注意しましょう。上の階からの音が響きやすいということは、下の階にも音が伝わりやすいということ。無用なトラブルを未然に防ぐためにも確かめておきたいポイントです。

 

8. その他

下見のときには、もし可能であれば時間をずらして二度訪問してみることがおすすめです。というのも、明るい時間帯と暗い時間帯では、部屋の印象が大きく異なるもの。商店などが近くにある場合、夜になっても窓から明るい光が入って来る、遅くなっても騒がしいといったことも確かめられます。

さらに時間帯によって、家の周囲の状況も大きく変わります。駅から近い場所であっても、街灯などが少なく真っ暗な場所を通らなければならなかったり、建物の中に死角が多いなど、危険な場所をあらかじめ確認しておくことができます。

 

また、日中は静かな部屋だと思っていても、夜になると人の声が気になったり、車の音が響いたりするもの。そのため、気に入った部屋であればあるほど、複数回下見をしておくと安心できるはずです。

 

まとめ

いいお部屋にめぐりあい、快適な暮らしを始められるということは、いい上京生活をスタートする上で非常に重要です。

またお部屋の契約は敷金や礼金など多額のお金が必要となるため、ちょっと気に入らないからといって気軽に引っ越すこともできません。

そのため、お部屋を下見するときには、間取りや広さ、駅からの距離だけでなく、できるだけ細かい点に目を配るように注意しましょう。

 

信頼できる不動産会社の場合には、物件の長所だけでなく、マイナスポイントもきちんと説明してくれることが多いので、いい不動産会社を選ぶための基準にもなります。また、分からないことや気になることなどがあれば、こちらからなんでも質問することがおすすめです。

 

 東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

もし、上京を考えているのであれば、まずはTokyoDiveに相談してみてはいかがでしょうか?

TokyoDiveは、上京したい方のために”仕事””住まい”を提供しているので、1人で上京計画をするよりも遥かに効率的に行えます。

 

具体的には、大手不動産会社やシェアハウス業界と連携をしているので、アナタの条件にピッタリの物件を見つけてくれます。

また、仕事に関しても正社員、派遣、紹介、紹介予定派遣と雇用形態も様々なタイプから選ぶことできるため、上京して夢を叶えたいと思っている方でも、無理のない仕事選びが可能です。

 

相談にあたっては、全国に支店を構えているので、お近くの住まいからでも通いやすい思います。また、WEBサイトの登録は無料で電話相談もでき、遠方の方でも対応は可能です。

お金や仕事の都合で上京を諦めている方でも、こういった心強いサポートが付けば晴れて上京できることも不可能ではありません。

 

まずは、どんな仕事があるのか、またどのような物件があるのか、電話相談をして聞いてみてはいかがでしょうか?

 

TokyoDiveに相談をしてみる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

もう迷わせない!引越しの荷造りで大切な4つのこと

これでアナタも安全!引越し前の必要な手続きマニュアル【1〜2週間前編】

上京する前に知っておいてほしい敷金トラブルの予防方法

これでアナタも安全!引越し後の必要な手続きマニュアル

これでアナタも安全!引越し前の必要な手続きマニュアル【1ヶ月前編】

【必見】上京する前に知っておきたい引越しのコツ