もう迷わせない!引越しの荷造りで大切な4つのこと


上京先が決まりば、いよいよ引越しの作業です。しかし、はじめての上京となれば、引越しの荷造りも一苦労です。そこで今回は、はじめての引越しをする方の為に、4つの荷造りのコツを紹介していきます。

引越しの際に是非、参考にしてください。

1. 引越し荷造り

それまで部屋に物が少ないと思っていたとしても、いざ荷造りのために物をまとめ始めると予想外に量があることに驚くかもしれません。

引越しの業者は荷物の量でトラックのサイズを決めて見積もりを出しますが、その時にできるだけ少なくコンパクトにして価格を下げたいというのは、誰しもが考えることでしょう。そのためにはできるだけ中に入れる荷物に合ったサイズのダンボールを用意し、隙間を作らずに物を詰めていくことが重要です。

 

しかしダンボール箱の数を減らしたいからといって、妙に大きなダンボール箱を使って大量の荷物を詰め込むことは避けたいところです。作業員がスムーズに持ち運びできる形状かどうかも、引越しを短時間で済ませるために不可欠のことだからです。

見積もりの時にそのような配慮ができると示しておくことで、業者も値引きなどを積極的に行ってくれます。

2. 普段使わないモノを先に、使うモノを後に

引越し先では、そう簡単に荷物を取り出して生活を始めることはできません。

事前に不動産業者から部屋の見取り図を預かり、どこに何を置くかをシミュレーションしていたとしても、実際に荷物を入れてみると予想外の発見があったりします。

クローゼットが思ったより小さかった、持ってきた荷物が多すぎたなど、入居後に考え直したり新しくやらなくてはいけないことが出てくるという可能性があります。

 

そのため、荷物にはすぐに取り出して使用するものだけを集めておくダンボール箱を専用に作っておいたり、すぐには使わないものを下にして入れていくという配慮が必要になります。

下着やすぐに着る洋服、ハブラシなどの日用品はフタを開けたらすぐに出せるようにしておきましょう。逆にアルバムや置物のような、片付けがすべて終わってから考えていい荷物は取り出しにくい下部に行くように入れていくといいでしょう。

 

 3. 玄関から遠い部屋を先に、近い部屋を後に

荷物を解いて物を取り出していくと、どうしても物があふれ返りますし、使用済みの段ボールなども片付けの邪魔になりやすいものです。

 

荷造りの時点で部屋ごとに必要なものをきっちりと分類しておけるならいいですが、現実にはなかなかそうはいきません。1つのダンボール箱に同じ種類の荷物を詰めたけれど、それぞれの部屋に少しずつ必要になるということも多いです。

例えばカーペットを一緒に入れた場合、一度にカーペットをそれぞれの部屋に敷くというのはなかなかできないことです。

そうするとまだ準備ができないものについては、どこかの部屋に置いておかなくてはなりません。玄関などの出入り口に近いところに置いてしまうと出入りがしにくくなりますし、荷物を運ぶときに邪魔になってしまいます。そのため、片付けは遠い部屋から始めて、置いておきたい荷物などをそこへ固めておくと効率よく終わらせることができます。

 

 4. 軽いものは大きな箱に、重いものは小さな箱に

引越し業者の作業員はその道のプロですし、かなり重い荷物でも運んでいける技術があります。しかしあまりにも重い荷物では効率が落ちてしまいますし、出来るだけサイズと重さのバランスをよくしておくことで自分自身にとっても得になります。

重すぎる荷物はトラックの中で他の荷物をつぶしてしまったり、作業員が落としてしまうことも考えられます。

 

そのため、大きなダンボール箱には重量の軽いものを入れ、小さな箱には重い荷物を入れることが望ましいです。大きくて重い箱を持ち上げてみれば、その運びにくさを感じられると思います。また大きなダンボールは耐久性が低くなりやすく、荷物の重量に耐えられないこともあります。

落下などの事故を起こさないためにも、重いものは小さなダンボールに入れるようにしましょう。同じく重いタンスなどの家具に荷物を詰め込むのは止めてほしい、と見積もりの際に言われるでしょう。

 

 まとめ

引越し業者の作業員は、少人数で荷物を運搬します。

その時に持ち運びやすいように配慮することで、引越しはとても順序良く進んでくれます。

ダンボール箱の耐久性が気になるならビニール紐などで補強しておく、形状のいびつなものは袋などに入れてバラバラにならないようにする、1つのダンボール箱が重くなりすぎないようにする、などにこだわって荷造りを進めてください。

 

荷物が新居に入った後も、綺麗に整理された荷物は開きやすく片付けがしやすいです。また、中に入っている荷物の名前は必ず書くようにしておきましょう。

荷造りの途中で入れるものを変えることはよくあるのですが、その都度に書き換えておかないと後で後悔することになります。荷造りは解いた時のことを想像しながら、多少面倒でも後が楽になるようにしておくことをおすすめします。

 

最後に

いかがでしょうか?今回は引越しの荷造りに関して4つポイントについてお知らせてしました。はじめての上京となると、やることが多すぎて何から手を付けたらいいのか分からない方もいらっしゃいます。

特に荷造りに関しては、かなりのエネルギーを使いますので、引越しをする際に効率よくいくためにも、是非参考にして頂けれたら幸いです。

 

 東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

もし、上京を考えているのであれば、まずはTokyoDiveに相談してみてはいかがでしょうか?

TokyoDiveは、上京したい方のために”仕事””住まい”を提供しているので、1人で上京計画をするよりも遥かに効率的に行えます。

 

具体的には、大手不動産会社やシェアハウス業界と連携をしているので、アナタの条件にピッタリの物件を見つけてくれます。

また、仕事に関しても正社員、派遣、紹介、紹介予定派遣と雇用形態も様々なタイプから選ぶことできるため、上京して夢を叶えたいと思っている方でも、無理のない仕事選びが可能です。

 

相談にあたっては、全国に支店を構えているので、お近くの住まいからでも通いやすい思います。また、WEBサイトの登録は無料で電話相談もでき、遠方の方でも対応は可能です。

お金や仕事の都合で上京を諦めている方でも、こういった心強いサポートが付けば晴れて上京できることも不可能ではありません。

 

まずは、どんな仕事があるのか、またどのような物件があるのか、電話相談をして聞いてみてはいかがでしょうか?

 

TokyoDiveに相談をしてみる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これでアナタも安全!引越し後の必要な手続きマニュアル

上京する前に知っておいてほしい敷金トラブルの予防方法

【はじめての上京】失敗しないために下見で大切にしたい8つのこと

これでアナタも安全!引越し前の必要な手続きマニュアル【1ヶ月前編】

【必見】上京する前に知っておきたい引越しのコツ

【必見】家賃を安くすために知ってほしいこと