敷金・礼金0円の意外なデメリットとは?

賃貸物件を探す上で月々の家賃の他に、初期費用である敷金と礼金、どうしても気になりますよね、

これから一人暮らしを始める際に、部屋を借りたあとの引っ越しや家具、その他生活雑貨や食品に至るまで揃えないといけないことを考えると賃貸に関わる初期費用は最低限に抑えておきたいところでしょう。

 

そんな一人暮らしの要望に応えるかのように近年市場に出回っている賃貸物件の中には敷金・礼金ゼロの物件をよく見かけます。

一見すると非常にお得に見えるこれらの物件。しかし、こういった物件だからこそ契約には慎重になることをオススメします。

まず、敷金・礼金についておさらいします。

 

敷金とは

敷金とは、アパトーヤマンション、または一戸建てなどの賃貸物件を借りる場合に、家主に対して担保的に支払っておく金銭の事をいいます。

ここでいう担保とは、大家もしくは管理会社より借りた部屋に傷や汚れ、交換が必要なときの修繕費などが指します。

 

法律が絡んだ用語になるので難しい表現がしっくり来るのですが、和分かりやすく表現すると

・敷金は賃借人(部屋を借りる人)が賃貸人(大家や管理会社)に支払うお金
・ある”条件”でお金(責務)は返ってきます(停止条件返還責務)
・”条件”とは賃貸契約が終了したときを指します。つまり退去するとき。

こんな感じです。

 

 

賃借人(部屋を借りる人)が負担する場合

全ての案件に対してではなく、賃借人が負担すべきものに限られます。

賃貸人と賃借人、どちらが負担するのかは国土交通省が定めた「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を基準に判断されます。

原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

 

少し例を挙げてみましよう。例えば床、畳、フローリングにおけるお部屋で

・引越し作業で生じた引っかき傷
・賃借人の不注意で雨が吹き込んだことによるフローリングの色落ち
・下地ボードの張替えが必要な程度の壁などのネジ穴や釘による穴

などがあった場合。これらは主に賃借人の負担になる可能性があります。

 

賃貸人(不動産や管理会社)が負担する場合

逆に賃貸人負担になりやすいものが、

・フローリングワックスがけ
・破損などがない場合の網戸の張替え
・破損などがない場合の浴槽、風呂釜等の取替

などです。

 

なにか不注意や事故がない限り、普段どおりに部屋を使っていれば、敷金は退去時に返ってきます。ですから、部屋を借り場合はキレイに使うように心がけましょう。

 

礼金とは

賃貸物件の締結の際に発生するお金で、賃借人(部屋を借りる人)が契約のお礼として家主に支払うものです。

すなわち謝礼です。そのため礼金は、退去時に返還されません。

礼金については、賃料を払って部屋を借りるのに、なんで払わなければいけないの?といった疑問を持つ方もいます。

その理由についてですが、礼金の多くが家主に支払うのではなく、入居者を決めてくれた不動産会社への謝礼として、家主から不動産会社に支払われる場合が多いからです。

 

敷金・礼金0円の物件はどうなの

敷金・礼金0円の物件の中には確かにお得な物件がいくつかあります。

しかし、一見あってもなくてもあまり変わらない敷金礼金ですが、実は無いと有るとでは、物件の内容が大きく違うこともあります。

そこで敷金・礼金0円のデメリットを挙げてみましょう。

デメリット① 賃料

まずは物件事態の賃料の値段です。

建っている地域、間取り、面積、階数、周辺環境などの条件が一緒で敷金・礼金があるので比べてみてください。若干ですが、月々の賃料が高くなってることがあります。

初期費用が内分、短期的に借りるのであればお得ですが、何年住む前提であれば必ずしもお得な物件とはいえないです。

 

デメリット② 退去時の費用

同じようにお金が絡んでくるととして、退去時の費用にも影響があることもあります。

退去時の費用といえばハウスクリーニング等がかかってくる場合が多いです。賃貸人の維持管理を目的とした費用でもあるのですが、賃借人が住んでいた事実がある以上、退去時に請求の一部を負担させるられることが多いです。

しかし、敷金・礼金ゼロの物件ではハウスクリーニングとは別に

・室内消毒代という項目で請求される
・鍵の交換費用を請求される
・ハウスクリーニング代を請求される

といった内容で退去時の費用が増えることがあります。

もちろん、契約前に退去時のどういった理由で発生するのかというのは知ることができます。

 

そして、これはあくまで一例ですが、敷金を最初に支払ない物件は、支払う物件に比べて本来敷金を使う修繕費が若干割高になっていることが多いです。

※「敷金0」の場合には、入居するときの初期費用は抑えることはできますが、修理代やルクリーリング代がどうなっているか、必ず確認するようにしましょう。

 

デメリット③  物件に関わる環境

中には最初は敷金・礼金を請求する物件でも、時間が経つと敷金・礼金をゼロにする物件もあります。

つまり、初期費用が要らなくなった物件の中には売れ残りに対するテコ入れを意図とした物件もあると考えられます。

売れ残る物件というのは立地条件や建物の間取り、構造面が原因で残ることが多いので、ある程度は妥協する必要があるといえるでしょう。

 

最後に

いかがでしたでしようか?今回は、敷金・礼金に纏わる話を紹介しました。

敷金・礼金は一見すると、借りる側からすれば非常にありがたいのですが、0円物件には、それなりの理由があります。通常、敷金として前家賃を収める分が、毎月支払う家賃に含まれている場合もあり、通常の家賃相場より高くなっているケースも存在します。

後々後悔しないためにも、物件選びの際は大きな見出しに惑わされず、契約書や備考欄の隅々まで、よく見てから行うようにしましょう。

 

もし、上京するため物件選びに迷っているのであれば、上京のサポートしてくれる会社に相談してみてはいかがでしょうか?TokyoDiveでは、上京したい方に対して”住まい”と”働き方”を提供しています。

1人で決められないことも、専門家に相談することで、いっきに問題が解決することもあります。是非、一度気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

 

東京に住んで東京で働く!【TokyoDive】

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

上京で失敗しないために大切なこと

NO IMAGE

引っ越しのためにまず知っていほしいこと

NO IMAGE

安く上京するならシェアハウスを選ぼう!

女性専用シェアハウスのメリットとデメリット

初期費用を安くしたい!でも安い物件の理由アナタは知っていますか?

NO IMAGE

【上京するならシェアハウス】気になる仕組みとは?