安く上京するならシェアハウスを選ぼう!

上京したいけど資金が足りない、東京は物価が高いから生活できるか心配、友達できるか心配…

そんな不安をもつあなたに朗報です。

東京では今、少ない資金からでも上京できる方法はいくらでもあります。その1つがシェアハウスに住んで上京する方法です。

シェアハウスは、自分のお部屋とは別に共同利用できる共有スペースを持った賃貸住宅のこと。

共同住宅では「共有」と「交流」を楽しめる新しい住まいのあり方として外国人、日本人に問わずに人気が高まっています。通常の賃貸アパートに比べ初期費用・毎月の支出を抑えて低価格な値段で住めることが大きなメリットです。

今回は、少ない資金からでも上京できる方法の1つとして、シェアハウスについてご紹介をしていきます。

 

上京するにはお金がかかる…

地方で働いていると毎日同じ様な生活に飽き飽きして、上京を考える方もいらっしゃるかと思います。それは、今後の自分の人生を考えてのこと。恋人や結婚のこと、キャリアのこと、やりたいことなど様々な不安が頭をよぎり、上京をして環境を変えるのも1つの選択肢です。

しかし、実際に調べてみると上京するには多額の資金が必要だと分かってきます。一般的な一人暮らしで上京するとなると最低の初期費用だけでも50〜60万円は必要になってきます。

 

また、東京での仕事が決まっていないのなら、上京後も仕事を探す必要が出てきます。そうすると仕事を探す間の生活費も考え、上京するには約100万円の資金を集める必要があります。

コツコツ貯蓄をし地道に貯金できればいいのですが、今から100万円を貯金となると時間が掛かります。貯金後は物件探しや家具・家電を揃えたりと全部1人で用意することになり、途中で上京を諦める方も少なくありません。

しかし、初期費用は安く抑える方法はいくつかあります。その1つがシェアハウスに住むこと!

 

 

シェアハウスとは?

現在国内のシェアハウスは約20,000〜30,000室の物件が存在すると言われております。その中でシェアハウスに住んでいる方の多くは、フリーターの方や、夢ややりたいことを持って地方から上京してきた単身の方がほとんどです。

平均年齢は20代前半〜30代後半が過半数を占め、また中には今まで一人暮らしだった方も大勢居ます。一度、一人暮らしを経験しているからこそ、シェアハウスの交流や初期費用が安く、毎月安い家賃で暮らすことに憧れを持つ人が多いようです。

 

気になるお金のこと

実際にインターネットで家賃だけを見ると、「一人暮らしの変わらないじゃん!」なんと思うかもしれません。

しかし、ここでちょっと考えてみましょう。
一般の一人暮らしの場合・・・・

【家賃】+【資金】+【礼金】+【仲介手数料】

初期費用だけでも通常家賃の3〜4ヶ月分が必要です。
更に、毎月の費用として家賃の他に光熱費などざっと書き出しただけでもこれだけの費用が必要です。

【電気】+【水道】+【ガス】+【インターネット】+【共益金】

もちろん、この他に生活に必要な家具・家電を揃えると数十万円の費用が必要になってきます。

このように一般の一人暮らしとなると非常に負担が大きいのが現実的です。

 

シェアハウスの場合

ではシェアハウスの場合はどうでしょうか?
基本、毎月の支払いは【家電+共益費】だけです。

・敷金・礼金・仲介手数料が0円
・連帯保証人が不要
・家具、家電付き
・契約料は初回のみ
・インターネット使用料が0円
・シェアハウス間の移動もOK
・最短1ヶ月から契約可能

共同利用をするだけこれだけの費用が抑える事ができます。

その他にもカーテンや家具、無線LANのインターネットなど、生活に必要な物件が多く、カバン1つでお引っ越ししてもその日から生活は成り立ちます。また実は途中から、いろんな街に住みたくなったときは、ハウス間の移動ができることもあります。

 

その他にもシェアハウスには、たくさんメリットがあります。

・入居時の費用が安く済む。
・家賃が格段に安い
・日常では出会わない人との交流ができる
・複数人家にいるので防犯面で安心感が増す。
・話し相手、相談相手が手短にいるから寂しくない
・広い部屋や、家族向けの立派なキッチンやお風呂が使える
・光熱費やインターネットなどを割り勘で使える
・帰ったら他の誰かがいる安心感
・日常で外国人と触れ合える
・シェアハウスのハウスパーティーが開ける

>>シェアハウスの情報を見てみる

 

まずは相談してみよう!

このように、シェアハウスを選択肢に入れるだけで、上京する可能性もグッと近づます。初期費用は一人暮らし場合100万円必要だったのが、シェアハウスにするだけ約50万円の初期費用で上京すること可能です。

のちのち一人暮らしを考えている方でも、最初はシェアハウスから初め、やがて一人暮らしをする方法もあります。東京は物価が高いですが、その反面給料も高い特徴があります。加えてシェアハウスに住むことで費用も抑えらるので、貯金も溜まりやすいのです。

住むスタイルを考えたことで、次は物件選びと仕事選びがあります。上京するためには、この2つも避けて通ることはできません。そこでより早く上京を考えているなら専門のプロに一度相談することをオススメします。

 

最近では、シェアハウスの需要が高まっていることもあり、そのメリットを活かした、上京を支援する企業も続々現れています。

その中でTokyoDiveでは、住まいと仕事選びを同時に提供するサービスを行っています。上京の準備をするにも、今の生活もあります。普段の仕事をしながら上京の事を1人で考えるのも一苦労。そこでプロに相談することで面倒な段取りをすべて任せてみてはいかがでしょうか?

TokyoDiveは株式会社アプリが運営する会社です。リゾートバイトの求人を紹介している会社ですが、上京したい方のためにレオパレスと大手シェアハウスと協力してサポートを行っています。

お客様とのコミュニケーションを第一に考えている会社でもあるので、一度相談をしてみましょう!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

僕も上京する際ときは、資金面で悩み様々な方法がないか探していました。でもその反面、楽しみでワクワクする気持ちもいっぱいでした。実際に東京に住んでみて、もちろん大変なこもありましたが、毎日が充実していて、上京したことに良かったと思っています。もし、いままで通りに地方で働いていたら今頃後悔していたかもしれません。

上京することのハードルの高さに諦めたいた方は、シェアハウスを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。もし、地方の田舎で上京する気持ちを燻らせているのなら是非この機会に検討してみてください。

 

東京に住んで東京で働く!【TokyoDive】

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

転職して上京するメリットとデメリット

シェアハウスに住むための条件、合う人

NO IMAGE

東京の住んでいはいけない場所を選ばない3つの手順

NO IMAGE

貧乏でも上京できる3つの方法

女性専用シェアハウスのメリットとデメリット

敷金・礼金0円の意外なデメリットとは?