シェアハウスとは?

シェアハウスって聞いたことがありますか?

海外では普通になっている住居スタイルで、上京を考えているという人におすすめなのがシェアハウスです。シェアハウスはシェア+ハウス、というように、一軒の家をみんなでシェアするという住居です。

今回は、シェアハウスの成り立ちやどんな方が住んでいるのかご紹介していきます。

 

シェアハウスの成り立ちとは?

シェアハウスの原型となったのがゲストハウスといわれ、旅行者などが比較的安く泊まることができ、各部屋にお風呂やトイレが無い場合が多くて、同じ風呂やトイレを宿泊者が共同使用します。その分、宿泊価格が安くなっているのです。
シェアハウスは主には関東地方を中心に多くが運営されていて、現在のところ約1万人が実際にシェアハウスでの生活を楽しんでいるといわれています。

自分のプライベートな部屋があり、一歩部屋から外に出ると入居者同士でコミュニケーションが取れる居間やキッチンなどがあります。バス・トイレは共有というところが多く、単身の社会人層を中心に注目されています。

一人暮しは寂しい・一人暮しが安全面で心配・都会で暮らすのが不安…といった方におすすめなのがシェアハウスです。

 

シェアハウスにはどんな人が住んでるの?

シェアハウスのハウスメイトは様々な業種や経歴の人がいますので、適度な距離感で自然にコミュニケーションできるというメリットがあります。都会で暮らしてみたいけれど不安で踏み切れない!という人には、一人暮らしの寂しさを心配しなくてもいいという点でメリットがあります。
シェアハウスには様々な人が入居していますが、割と多く見られるのが、普通の会社員の人やSOHO個人事業主、海外に居住した経験がある社会人、また外国人留学生、英語の勉強をしている人や観光やビジネスなどで数ヶ月以上滞在する人などです。

 

パーティーなども企画するシェアハウスの仕組み

住人の多くはそれぞれの仕事を持っている忙しい社会人なので、基本的に日々の生活は人それぞれです。しかし、キッチンなどでお互いに顔を合わせるタイミングで話に花が咲いたり、今度の休日で楽しいことを一緒にやってみようといったことになります。

ですから寂しいということはあまりなく、いろいろ地域情報なども教えてもらえたり、イベントを企画したりできます。
シェアハウスでは、入居者やハウスオーナーさんなどによる企画で飲み会やパーティーなども開かれることもあり、シェアハウスで暮せば上京しても寂しくありませんよね。
他に特徴を述べるなら賃料が高い所ほどアクセスが良い場所だったり、設備共用のデザインや設備のスペックの高い物件です。

また、シェアハウスの賃貸契約期間は様々で、退去連絡は1ヶ月前までが多く、一般の賃貸物件と同様にきちんとした賃貸借契約を交わして入居するようになっています。

こちらでは、シェアハウスについて更に詳しいことが書いてありますので参考してみてください。

安く上京するならシェアハウスを選ぼう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上京するための完全マニュアル

NO IMAGE

転職して上京するメリットとデメリット

NO IMAGE

転職して上京するための費用

引越し前に知っておいて欲しい。シェアハウスで異性と暮らすということ

NO IMAGE

転職して上京する方法

早くシェアハウスに住みたいなら一括問い合わせをしよう