シェアハウスとは?


今やシェアハウスは、若い方を中心に大人気のライフスタイルとなりました。

もともとは海外での住居スタイルでしたが、今はエンジニア専用だったり、女性用があったりと、日本でも様々なシェアハウスが出来ています。しかし、シェアハウスが人気といっても住んだことがない人にとっては、どんな生活を遅れるのか不安があると思います。

今回は、そんな流行的なシェアハウスについて、成り立ちやどんな方が住んでいるのかご紹介していきます。

 

シェアハウスの成り立ちとは?

シェアハウスの原型となったのがゲストハウスといわれいます。

ゲストハウスは旅行者などが比較的安く泊まることができ、各部屋にお風呂やトイレが無い場合が多くて、同じ風呂やトイレを宿泊者が共同使用します。その分、宿泊価格が安くなっているのです。

そして旅行者でなくても一般の方が、手軽に住めるようになったのがシェアハウスです。現在は関東地方を中心に次々と新築の物件ができています。実際に約1万人の方がシェアハウスでの暮らしをしています。

 

共有スペースのある住まい

シェアハウスはプライベートが無いと思われがちですが、個室付きの部屋がありプライベートも守られています。

一人暮らしと違うところは、共有スペースがあり、入居者同士でコミュニケーションが取れる居間やキッチンなどがあります。

他にはバス・トイレが共有であり、学生や単身の社会人層に人気なっています。

一人暮しは、寂しい、安全面で心配、都会で暮らすのが不安…そういった気持がある方はシェアハウスで暮らしてみるといいかもしれません。

 

シェアハウスは一人暮らしよりも月々の生活費が安い

一般の一人暮らしの場合、初期費用だけでも通常家賃の3〜4ヶ月分が必要と言われています。具体的に一人暮らしの初期費用を書き出してみると、

・家賃
・敷金
・礼金
・仲介手数料

などが必要になります。

さらに一人暮らしの場合は、

・水道
・ガス
・インターネット
・共益費

など月々の支払いがあります。また、一人暮らしをはじめるためには家電・家具を揃えてくることも必要となってきます。このように一般の賃貸住宅を借りるのは非常に大きな負担になります。

 

 

しかし、シェアハウスの場合は月々の支払いは、”家賃”+”共益費”だけ支払うことが可能です。

またシェアハウスに住むと以下のようなメリットがあります。

・敷金・礼金・仲介手数料0円
・連帯保証人が不要
・家具、家電付き
・契約料は初回のみ
・インターネット使用量0円
・シェアハウス間の移動もOK(条件付き)
・最短1ヶ月から契約可能

シェアハウスは、はじめから家具・家電をはじめ、予め必要なものは一通り揃っています。また、月々に掛かる費用も”家賃”と”共益費”だけですので、電気代やガス代は気にすることなく使うことができます。

 

東京は物価が高いイメージがあり上京することが難しいと思われている方も多いですが。最近ではシェアハウスという新しいライフスタイルが増えてたことによって、上京するハードルもグッと下がりました。

また、シェアハウスの需要は年々伸びてきているので、都内に次々と新築の物件ができています。新築だけあってデザインもオシャレな物件が増えてきています。

カフェのような雰囲気で住んでみたい…といった憧れを持つ方もいらっしゃいますが、シェアハウスであればそういった憧れに近い暮らしも意外と簡単にできます。

 

 

シェアハウスはどんな人が住んでるの?

シェアハウスのハウスメイトは様々な業種や経歴の人がいます。人間関係に関しては適度な距離感で自然にコミュニケーションできるといったところがあるので、意外と静かな暮らしができます。

オークハウス:https://www.oakhouse.jp/

オークハウスhttps://www.oakhouse.jp/

 

シェアハウスの男女の割合は、男性6割、女性4割が平均てきです。昔は男性が主流でしたが、シェアハウスの業界も女性向けにコンセプトにした物件も増やしてきているので、男女関係なくシェアハウスを選ぶ方は多いようです。

住居人もシェアハウスには様々な人が住んでいます。

普通の会社員の人や個人事業主、海外に居住した経験がある社会人、また外国人留学生、英語の勉強をしている人や、観光やビジネスなどで数ヶ月以上滞在する外国人もいらっしゃいます。

 

パーティーなども企画するシェアハウス

住人の多くはそれぞれの仕事を持っているので、基本的に日々の生活も人それぞれです。たまにキッチンなどでお互いに顔を合わせるタイミングで話をしたすることはありますが、何もなければ、それぞれの生活をするっといった感じ、毎日が騒がしいイメージをする方もいらっしゃいますが、特にそんなことはありません。

 

仕事帰りにたまたま会って今日の出来事を振り返ったり、ときには、街のイベント情報を教えて今度の週末は遊びに言ったり、誰かの誕生日が近づいてくれば密かにイベントを企画して盛り上げたり。シェアハウスの暮らしではそういったことが出来ます。

また、シェアハウスのよっては、入居者やハウスオーナーさんなどによる企画で飲み会やパーティーなども開かれることもあります。最近では、料理教室やヨガのセミナーなども行われているので、自分の生活スタイルがどのシェアハウスに合っているのかを考えながら物件を探してみて下さい。

 

シェアハウスは少ない資金でも様々なライフスタイルに合わせることができる

シェアハウスは賃料が安いことから、一人暮らしの賃貸では住むことが難しい場所でも暮らすことは可能です。

たとえば、新宿で駅から10分のところでも家賃6万円の物件もあります。契約に関しては、管理会社によりますが空室があれが即日に契約を結び、その日から住めることもあります。

 

保証人が不要、かつ初期費用も一般的な一人暮らしも格安なので、中には物件が気に入れば即決で決めて入居する方も多いようです。

補足として。シェアハウスの賃貸契約期間は様々で、退去連絡は1ヶ月前までが多く、一般の賃貸物件と同様にきちんとした賃貸借契約を交わして入居するようになっています。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?今回はシェアハウスで暮らす人達がどういった生活をしているのか紹介してきました。昔のシェアハウスであれば、セキュリティーも甘く生活するだけでも様々な問題が起きており、世間的にはあまり良い印象はありませんでした。

しかし現在は、専門のシェアハウス管理会社ができてきたこともあり、入居者同士のトラブルもかなり少なくなりました。そのため、今では格安でオシャレな物件が住めて、寂しさとは無縁なライフスタイルとして若者を中心に人気急上昇しています。

アナタも、もし上京してたいと思っているのであれば、シェアハウスで暮らすことも検討してみては、いかがでしょうか?

 

 東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

もし、上京を考えているのであれば、まずはTokyoDiveに相談してみてはいかがでしょうか?

TokyoDiveは、上京したい方のために”仕事””住まい”を提供しているので、1人で上京計画をするよりも遥かに効率的に行えます。

 

具体的には、大手不動産会社やシェアハウス業界と連携をしているので、アナタの条件にピッタリの物件を見つけてくれます。

また、仕事に関しても正社員、派遣、紹介、紹介予定派遣と雇用形態も様々なタイプから選ぶことできるため、上京して夢を叶えたいと思っている方でも、無理のない仕事選びが可能です。

 

相談にあたっては、全国に支店を構えているので、お近くの住まいからでも通いやすい思います。また、WEBサイトの登録は無料で電話相談もでき、遠方の方でも対応は可能です。

お金や仕事の都合で上京を諦めている方でも、こういった心強いサポートが付けば晴れて上京できることも不可能ではありません。

 

まずは、どんな仕事があるのか、またどのような物件があるのか、電話相談をして聞いてみてはいかがでしょうか?

 

TokyoDiveに相談をしてみる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安く上京するならシェアハウスを選ぼう!

シェアハウスの内見をするなら生活設備をチェックしよう

都内で増え続けるペットと暮らせるシェアハウス

シェアハウスに種類について

女性でもシェアハウスは大丈夫!女性専用シェアハウスのオススメ

シェアハウスに住むための条件とは?