シェアハウスに入居する前に必ず1度は内見をしよう


物件選びにおいて、絶対に省いていけないの最重要プロセスがあります。それは内見。写真だけ見て決めるといった方もいますが、そういった方のほんとんどは大抵後悔をしています。

シェアハウスを選ぶときには、出来る限り入居前に内見を行うことをオススメします。今回は内見について詳しく解説していきます。

 

そもそも内見とは?

内見というのは「内部を見る」ということで、「見学」と同じ意味になります。

シェアハウス専用の不動産では、詳しいところでは各物件についてかなりの寮のデータが掲載しています。しかし、残念ながら実際に見に行かないと分からないことは、やはり沢山あるものです。

例えば、運営事業者さんが信頼できるかどうか、物件内の雰囲気が自分にあっているかどうかといった事は、実際に内見しないことには、わからないものです。

 

新規物件だからといって、すべて良いという訳ではない

今、東京都内では次々とシェアハウスも新規オープンしています。新規物件の場合、当然物件の写真はピカピカです。

しかし、半年、1年という時間が経過したとき、シェアハウスがどうなっているのかなど写真からでは、誰も予想することはできません。そのため地方から上京してきて入居する場合でも、できれば物件選びのために事前に2,3日東京に滞在し、複数の物件を回ってみるのがオススメです。

逆に内見も何もなく直ぐ入居したい、と伝えてあっさり入居できるとしたら、杜撰な管理体制の可能性があり、後々後悔することにもなります。

 

コツは複数の事業者の物件をみること

一番よい方法は物件を探すときには、できるだけ複数の事業者の物件をみた方が無難です。シェアハウス物件の提供品質や雰囲気は、と事業者さんによって違いますし、なにより自分自身の目で確かめたほうが、納得のいく決断が出来ると思います。

さらにオススメなのが同じ事業者さんの物件を複数見るのではなく、できれば違う事業者さんの物件も見て、比較することがオススメです。

 

内見の際は、遠慮なく質問をしよう

引越しとは、そう簡単に行えるものではありません。一度、入居すれば少なくとも半年は暮らすことになると思います。入居した後に、あのとき質問していれば…なんていっても取り返しはできません。ですから内見の際、気になることはどんどん質問することがオススメです。

これから自分が生活する事になる場所になることはもちろん、事業者さんは営利事業としてシェアハウスを運営しているのですから遠慮はいりません。

他にどんな人が住んでいるのか、どんなルールがあるのか、周囲の環境はどうなのかなどなど、忘れずにしっかり確認したいところです。

 

客だからといって横柄な態度はNG

ただし、内見はあなたが事業者さんと物件を見ると同時に、事業者さんがアナタを見ている機会でもあります。

シェアハウスの運営事業者さんは、どんな人でも受け入れるわけではありません。もし、アナタがルールも守らない人や頻繁に他の人とトラブルを起こす人を受け入れてしまうと、最悪の場合、入居後に強制退去といった大事にもなりかねません。

安定した事業運営のために必要な業務の一部として、運営事業者さんは入居希望者をちゃんと見ています。「こちらが客だ」といった横柄な態度は控えた方がいいでしょう。

 

ですが、そういった事例は極めて稀です。一般の方であれば無縁なので、気になったことは内見のときに積極的に質問をしましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は内見することの重要性を紹介しました。ホームペーシで紹介されているシェアハウスは、良くも悪くも好印象に受け取って貰えるように写真の映りもキレイになっています。

ですから、入居してから写真の雰囲気とは違う!といったことにならないためにも、内見して実際に自分の目で確かめるようにしていくことがオススメです。

 

 東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

もし、上京を考えているのであれば、まずはTokyoDiveに相談してみてはいかがでしょうか?

TokyoDiveは、上京したい方のために”仕事””住まい”を提供しているので、1人で上京計画をするよりも遥かに効率的に行えます。

 

具体的には、大手不動産会社やシェアハウス業界と連携をしているので、アナタの条件にピッタリの物件を見つけてくれます。

また、仕事に関しても正社員、派遣、紹介、紹介予定派遣と雇用形態も様々なタイプから選ぶことできるため、上京して夢を叶えたいと思っている方でも、無理のない仕事選びが可能です。

 

相談にあたっては、全国に支店を構えているので、お近くの住まいからでも通いやすい思います。また、WEBサイトの登録は無料で電話相談もでき、遠方の方でも対応は可能です。

お金や仕事の都合で上京を諦めている方でも、こういった心強いサポートが付けば晴れて上京できることも不可能ではありません。

 

まずは、どんな仕事があるのか、またどのような物件があるのか、電話相談をして聞いてみてはいかがでしょうか?

 

TokyoDiveに相談をしてみる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シェアハウスの内見をするなら生活設備をチェックしよう

一刻も早くシェアハウスに住みたいなら一括問い合わせをしよう

シェアハウスに住むための条件とは?

シェアハウスとは?

都内で増え続けるペットと暮らせるシェアハウス

女性でもシェアハウスは大丈夫!女性専用シェアハウスのオススメ