転職して上京するための費用


上京して転職するにはかなりの費用が必要になります。資金計画なしにいきなり飛び出すのはリスキーです。上京後、路頭に迷わないためにも、しっかりと資金計画を練っておくことが成功の秘訣といえます。

上京に必要な費用と、その後の必要な費用をしっかりと把握して、事前に余裕を持った資金を用意しておきましょう。

 

上京するために住む場所を決めよう!

まず上京に当たっては、住む場所を決める必要があります。

家賃はどの地域なのか、どんな住居に住むのかなどによっては金額も変わってきます。ですが、一般的にはアパートで一人暮らしをする場合、1人当り最低でも60万円の資金が必要になります。

 

家賃は毎月のことになりますし、生活費の中でおそらく最も大きな金額を占めるといえますので、住居は選びは慎重に行うことが大切です。

こちらでは、東京住む場合の方法を3つ分けて詳しく説明しておりますので、よければ参考にしてみてください。

上京するための3つの住まい方法

 

一人暮らしの初期費用はいくら?

健康の生活を重視した「お部屋探し」ですが、東京は家賃の相場が非常に高いです。そのため、今住んでいる地域よりも大幅に高い費用が掛かることを覚悟しなければなりません。

一般的な一人暮らしに掛かる初期費用は以下の通りです。

・敷金・礼金(家賃各2ヶ月分):16万円
・仲介手数料(家賃1ヶ月分):8万円
・家賃前払い(家賃1ヶ月分):8万円
・火災保険:2万円
・鍵交換:2万円
・家具・家電等:12万円

【合計】48万円
※これは初期費用の最低金額と考えてください。

また、これ以外にも上京後の生活費も必要となりますので、最低でも上京するためには60万円の資金が必要になります。

ちなみに転職するタイミングによって、必要になる資金も変わってきます。もし、上京後に新しい仕事を探すとなると、いつ決まるのかも不明なため、資金も60万円だけでは生活も厳しくなるとお考えください。

 

上京資金の安く済ませるために工夫しよう

安く済ませるコツとしては家電や家具は中古品などを買うことがオススメです。

一人暮らしで新品の物を揃えるとなると、それこそ莫大な資金が必要となります。中古といっても家具家電であれば新品同然ものを揃えることは可能です。

たとえば、フリマーケットとして有名なメルカリで揃えて見てはいかがでしょうか?

 

他には実家にある物を出来るだけ送る方法です。ゆうパックなどでお皿や服、コスメなどは送れることができます。持って行けるものは手荷物で持って行き、送れるものは送って、少しでも費用を抑えます。

 

上京生活でも健康は大事!

上京後も注意していただきたいのが健康的に生活できるかということ。

健康的な体でなければ夢を叶えることはできません。体が弱くなっていくと余計な出費も増えいくこともなります。最悪、体を壊してしまい収入が減ってしまう、と悪循環になりかねません。

 

「若いから」という理由で自分の健康であることを無視しては行けないのです。上京すれば家族の支援も難しくなり、より自己管理が大切になってきます。

健康があってこそ夢は叶うもの。あなたの気持ちが本気なら「健康的に生活できる」という環境についてよく考えましょう。この点を踏まえて、予算の中でできるだけベストな住まいを選んでいきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回で上京するための必要な資金を具体的に把握することができたと思います。

1人でこれらをクリアしていくとなると、なかなかのハードルの高いですが事前にしっかり上京計画を立てれば、後は充実した日々が待っています。

焦らず一つ一つ課題をクリアしていくことをオススメいたします。

 

 東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

もし、上京を考えているのであれば、まずはTokyoDiveに相談してみてはいかがでしょうか?

TokyoDiveは、上京したい方のために”仕事””住まい”を提供しているので、1人で上京計画をするよりも遥かに効率的に行えます。

 

具体的には、大手不動産会社やシェアハウス業界と連携をしているので、アナタの条件にピッタリの物件を見つけてくれます。

また、仕事に関しても正社員、派遣、紹介、紹介予定派遣と雇用形態も様々なタイプから選ぶことできるため、上京して夢を叶えたいと思っている方でも、無理のない仕事選びが可能です。

 

相談にあたっては、全国に支店を構えているので、お近くの住まいからでも通いやすい思います。また、WEBサイトの登録は無料で電話相談もでき、遠方の方でも対応は可能です。

お金や仕事の都合で上京を諦めている方でも、こういった心強いサポートが付けば晴れて上京できることも不可能ではありません。

 

まずは、どんな仕事があるのか、またどのような物件があるのか、電話相談をして聞いてみてはいかがでしょうか?

 

TokyoDiveに相談をしてみる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上京するための完全マニュアル

親に反対されても上京する方法

転職して上京するメリットとデメリット

シェアハウスにカップルで住むメリットとデメリット

上京するメリットって?東京で暮らす4つの魅力

上京で失敗しないために大切なこと