転職して上京するための費用

上京して転職するにはかなりの費用が必要になります。資金計画なしにいきなり飛び出すのはリスキーです。上京後、路頭に迷わないためにも、しっかりと資金計画を練っておくことが成功の秘訣といえます。

上京に必要な費用と、その後の必要な費用をしっかりと把握して、事前に余裕を持った資金を用意しておきましょう。

まず上京に当たっては、住む場所を決める必要があります。

家賃はどの地域なのか、どんな住居に住むのかなどによっては金額も変わってきます。ですが、一般的にはアパートで一人暮らしをする場合、1人当り最低でも60万円は必要になると考えておいてください。
家賃は毎月のことになりますし、生活費の中でおそらく最も大きな金額を占めるといえますので、住居は選びは慎重に行うことが大切です。

こちらでは、東京住む場合の方法を3つ分けて詳しく説明しておりますので、よければ参考にしてみてください。

上京するための3つの住まい方法

 

上京後も注意していただきたいのが健康的に生活できるかということ。健康的な体でなければ夢を叶えることはできません。体が弱くなっていくと余計な出費も増えいくこともなります。最悪、体を壊してしまい収入が減ってしまう、と悪循環になりかねないので「若いから」という理由で無視しては行けません。上京すれば家族の支援も難しくなります。

健康があってこそ夢は叶うもの。あなたの気持ちが本気なら「健康的に生活できる」という環境についてよく考えましょう。この点を踏まえて、予算の中でできるだけベストな住まいを選んでいきます。

住む部屋を決めるよう

健康の生活を重視した「お部屋探し」ですが、東京は家賃の相場が非常に高いです。そのため、今住んでいる地域よりも大幅に高い費用を覚悟しなければなりません。

まず。家を借りるには必要な費用は以下の通りとなります。

敷金・礼金(家賃各2ヶ月分) 24万円
仲介手数料(家賃1ヶ月分) 6万円
家賃前払い(家賃1ヶ月分)
家具・家電等  8〜12万円程

【合計】約50〜60万円
※これは最初に掛かる初期費用の金額です

この他にも、生活するための費用が掛かります。

 

上京資金の安く済ませるために工夫しよう

安く済ませるコツとしては家電や家具は中古品などを買うことがオススメです。一人暮らしで新品の物を揃えるとなると、それこそ莫大な資金が必要となります。中古といっても家具家電であれば新品同然ものを揃えることは可能です。たとえば、フリマーケットとして有名なメルカリで揃えて見てはいかがでしょうか?

他には実家にある物を出来るだけ送る方法です。ゆうパックなどでお皿や服、コスメなどは送れることができます。持って行けるものは手荷物で持って行き、送れるものは送って、少しでも費用を抑えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回で上京するための必要な資金を具体的に把握することができたと思います。1人でこれらをクリアしていくとなると、なかなかのハードルの高さとなりますが、上京したあとは充実した日々が待っています。焦らず一つ一つ課題をクリアしていきましょう。

もし、1人では厳しいと感じているのでしたら、上京を支援するプロに相談してみるのはいかがでしょうか?TokyoDiveというサイトでは、上京を考えている人のために「住まい」と「働き方」を提供するサービスを行っています。

こちらの会社は、レオパレスや大手シェアハウスと協力することで上京に必要な資金を安く抑えることができます。最初から家具・家電が揃っているので上京できる近道となります。あなたの希望を叶えるためにも一度気軽に相談してみてください。

 

東京に住んで東京で働く!【TokyoDive】

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性の1人暮らしで気をつけておくべき5つのポイント

上京して電車を乗りこなす秘訣

充実したシェアハウス生活をするなら生活設備をチェックしよう!

シェアハウスにカップル住むメリットとデメリット

早くシェアハウスに住みたいなら一括問い合わせをしよう

NO IMAGE

シェアハウスとは?