上京するための完全マニュアル

リゾートバイトをしている方の中にはを「上京したいから」という目標を持っている方もいらっしゃいます。

上京するには、ある程度資金が必要になります。例えば、一人暮らしにするにしても、最低でも約60万円の資金がないと上京することは厳しいのが現実です。

誰しもが一度は「東京で暮らしたい…」と思うもの。しかし、上京するためには、資金の確保する以外にも、さまざま準備が必要であり、ハードルもけして低くありません。

ここでは、上京したい方のために、僕が実践してきた方法と様々な情報を皆さんに提供したいと思います。もし、僕の情報でアナタの上京の夢が叶うなら、これほど嬉しいことはありません。

管理人 SHIO

 

上京したいと思っている人は増え続けている

現代は昔と比べてインターネット環境も普及し、田舎の生活も便利にはなってきました。

とはいえ、まだまだ都会と比べると不便なことが多く、自分の夢や目標を叶えたい人にとっては、正直なところ居心地のいい環境とはいえないのではないでしょうか?

実際、地方から上京をして自分の夢に向かって、ひたむきに頑張っている方は大勢いらっしゃいます。それだけ東京は、夢を叶えたい人にとって最適な環境と言えるのです。

 

僕は、以前リゾートバイトを行っており、その最中に自分のやりたいことを見つけて上京をしました。その結果、今は整った環境下で自分の夢を叶えるべく、日々精進している最中です。

もしアナタの叶えたい夢があるなら、まだ諦めるのは早いかもしれません。上京することで不可能だと思っていたことが、現実になることもあります。そのためにも、まずは上京に必要な情報を知っていって下さい。

 

まずは上京に必要な資金からご紹介していきます。

 

上京するために必要な準備資金は最低でも60万円!

上京するためには資金が必要ですが、一体どれくらいの資金が必要なのかご存知でしょうか?知っていなかったとしても大丈夫です。知らないのであれば、今から知っていきましょう。

まずは一般的な一人暮らしを想定して、上京に必要な資金を把握していきます。

上京に必要な準備資金

こちらは上京して一人暮らしする場合のおおよその初期費用です。

・敷金・礼金(家賃各2ヶ月分):16万円
・仲介手数料(家賃1ヶ月分):8万円
・家賃前払い(家賃1ヶ月分):8万円
・火災保険:2万円
・鍵交換:2万円
・家具・家電等:12万円

【合計】48万円
※これは初期費用の最低金額と考えてください。

 

一人暮らしをするといっても、物件の契約や不動産を通しての手続きなど、さまざまな面でお金がかかります。ただ、なんとなくの知っているだけでは、例え上京したとしても、すぐに生活は破綻することでしょう。

そうならないためにも、しっかり把握しておいてください。

上京後の生活費も考えると最低でも60万円は必要

次に考えるとすると上京後の生活費です。

上京する人は意外と見落としがちなのが、この上京後の生活です。だいたいの金額ですが東京は物価が地方に比べて高めであり、普通に生活するだけでも1ヶ月で平均12万円程かかります。

そのため一人暮らしをはじめるためには最低でも合計60万円の資金が必要になってきます。

 

仕事探し

上京するためには新たな仕事を探す必要もあります。よく「なんとかなるっしょ!」と勢いで上京する方もいらっしゃいますが、現実はそんなに甘くありません。

実際になんとかなる人もいますが、誰もが出来るわけではありません。計画もなしに実行すれば、いずれ路頭に迷う結果になります。そういった残念な結果にならないためにも上京前に新しい転職先を見つけるか、もしくは上京後に新しい死語をを探すことが必要です。

ちなみに、新しい転職先を見つけるなら、当然上京する前に見つけた方が安全です。

 

僕は、上京後に仕事を見つけましたが、生活もそこを尽きそうになり、仕事もなかなか見つけることが出来ませんでした。結局、飲食店のアルバイトから始まったのですが、これは結構大変でした。

皆さんは、僕のようにならないためにも、しっかし計画をたてて、新しい転職先を見つけて下さい。

 

上京してから転職するなら資金は100万円必要!

ここまで、一人暮らしの上京を想定した考えと必要な資金を述べてきました。上京するための金額は60万円といいましたが、これはあくまで最低金額です。

仮に上京後にじっくり仕事を探したいとなると、上京後の生活費を見積もって少なくとも合計で100万円の資金を集める必要があります。

100万円もあれば、就職企業との面接も余裕をもってできますし、準備もゆとりを持ってできことでしょう。

 

いかがでしょうか?

以上にような情報から上京に必要な資金も明確になったと思います。100万円の資金確保は長い道のりではありますが、上京後に大変な思いをしたくないのであれば、地道に上京資金を集めるほかありません。

東京は物価も高く、月々の生活費も地方と比べると恐ろしく高いものです。勢いで上京すると本当に路頭に迷い兼ねないのでしっかりと準備してから上京してください。

 

東京で「仕事」と「住まい」を探すならTokyo Dive

もし、以上のことから上京に高いハードルを感じるのであれば、一度プロに相談してみる当方法があります。

大手のリゾートバイトで有名な株式会社アプリリゾートでは、不動産大手レオパレス21と大手シェアハウス企業と連携をし、TokyoDiveという会社で、上京を支援するサービスを行っています。

主にTokyoDiveでは”住まい”と”仕事”を提供しております。

 

TokyoDiveの”住まい”の提供について

”住まい”に関しては、「一人暮らし」と「シェアハウス」という2つ住まいスタイルを提供しています。順番に説明して行きます。

1つ目の一人暮らしですが、誰もが憧れるプライベートが充実した暮らしで魅力的ですが、一番人気なのは2つ目のシェハウスの物件です

シェアハウスは、賃料も安いことからリゾートバイトや学生など若者に対して特に人気です。またTokyoDiveでは、元から家具付き物件敷金・礼金0円の物件を紹介してくれますので資金もかなり節約できます。

また家賃補助制度もあります。たとえば、上京したてで最初は家賃の支払いが厳しい方にも対応可能なサービスを行っています。

 

TokyoDiveの”仕事”の提供について

また、上京するため新しい仕事先もTokyoDiveは紹介してくれます。気になる職種はさまざまであり、アナタが望んでいるライフスタイルに合わせた提案をしてくれるでしょう。主な職種はこちらになります。

・一般事務
・受付
・営業
・IT関係
・コールセンターの仕事
・ケータイショップ
・ホテル、レストランサービス
・アパレル
・美容関係

これらの仕事は未経験の方でもはじめるられるため、どんな仕事があるのか一度話を聞いてみるのをオススメいたします。

TokyoDiveは全国に支店を構えており、お近くの住まいからでも相談できます。また、遠方の方のためにも電話相談を受け付けているので、まずは登録後に上京サービスについて詳しく聞いてみてください。

 

登録はコチラからどうぞ⇒TokyoDiveの公式サイト

 

1人で悩まず、まずはプロに相談してみよう!

通常、上京するためには50〜60万円の初期費用が必要ですが、TokyoDiveに相談することによって初期費用を大幅に安く抑えることが可能です。初期費用が余れば、他に必要なことに使うこともできますし、利用しない理由はありません。

TokyoDiveを運営する株式会社アプリは、厚生労働省から人材派遣事業と有料職業紹介事業の認可を受けている企業であり、リゾートバイト業界でも有名な会社です。そのため、信頼性や安心性でも信じられる企業といえるでしょう。

あなたの望んでいたライフスタイルが、グッと近くなるチャンスなのかもしれません。もし上京したい気持ちがあるのなら、一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive

 

Tokyo Diveのオススメポイント!

・住居探しと仕事探しをする手間が省ける
・様々な働き方が選べる!
・敷金、礼金、仲介手数料などが掛からない
・全てのお部屋で家電、家電付き
※初期費用の50〜60万円程度の初期費用を抑えることが出来ます。
・条件によっては毎月の家賃補助が出る
・シェアハウスでワイワイ暮らすのか、一人暮らしでプライベートが充実した暮らしが選べる
・漠然とした不安もサポートに相談することが可能
・就業中もTokyoDiveのスタッフが継続的にサポート
・先輩の体験談あり

 

 

東京で暮らすための完全マニュアル

こちらは、上京を考えている方向けに必要な情報を集めてあります。

上京したいとしても様々な情報が飛び交う現代では、どれが正しいのか迷ってしまいます。そういった方に向けてコチラでは上京に必要なことをまとめてみました。

一度、上京してしまうとその後戻るこもできません。そのため、上京前の必要な情報を集めておくことをオススメいたします。是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

上京するならプロに相談してみよう

上京するには、まず皆さんも少なからず計画を立てると思います。ただ計画を立てると転職や必要な資金も一緒に考えるので、人によって複雑になり時間が掛かることもあります。

また計画を作成するとき、上京するための資金も考えますね。

その中でも、上京後にどうやって生活するのかという点は非常に重要です。家賃と生活費がどのくらい掛かるのか。東京のどの地域に住むのか。仕事先はどするのか。などを考慮して、あらかじめ上京計画に組み込んでおきましょう。

まずは、登録して電話相談をからはじめてみましょう。

 

公式サイト【TokyoDive(トーキョーダイブ)】

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職して上京するメリットとデメリット

引越しは1ヶ月前から!余裕のある引越をするに知ってほしいこと

親に反対されても上京する方法

なぜ上京の意味は曖昧なのか。その理由を調べてみました。

【上京したい方必見!】アプリリゾートが運営するTokyoDiveとは?

上京で失敗しないために大切なこと