上京するための完全マニュアル

リゾートバイトをしている理由を尋ねると「上京したいから」という声をよく聞きます。

しかし、上京するとなると、ある程度資金が必要になっていきます。例えば、1人暮らしにするにしても、住む場所の物件探しや家具などを揃えるだけでも約50〜60万円は必要と言われおり、簡単にできるものではありません。

誰もが一度は「東京で暮らしたい…」と思うもの。今年で社会人として働き出す人や新しいことに挑戦するために上京したい、と考える方も中にはいらっしゃることでしょう。

ここではそういった悩みを持つ方に、「住まい」と「働き方」を同時に見つける方法をご紹介します。

 

上京したいと思っている人は増え続けている

現代は昔と比べてインターネット環境も普及し、田舎での生活もなにかと便利にはなってきました。

とはいえ、まだまだ都会と比べると不便なことが多く、自分の夢や目標を叶えられる環境とは程遠いと思いませんか?

実際、上京をしたいという方は今も増え続ける一方です。ここではリゾートバイトをしている人も「いつかは…」と夢見みて、貯金をしている人も中にはいらっしゃることでしょう。

 

上京するために必要な準備資金は最低でも50万円!?

上京するためには資金が必要ですが、一体どれくらいの資金が必要なのでしょうか?まずは一般的な一人暮らし想定して、上京に必要な資金を簡単に把握していきましょう。

 

上京に必要な準備資金

はじめに、アパートで一人暮らしをするときの初期費用です。

・物件の契約料は約36万円
・敷金・礼金(家賃各2ヶ月分)24万円
・仲介手数料(家賃1ヶ月分)6万円
・家賃前払い(家賃1ヶ月分)6万円

合計:約72万円

 

必要な家具・家電に8〜12万円

さらに一人暮らしには家具は必要です。こちらも生活に欠かせないもの。

新品のモノを揃えると多額になってしまいますので中古のモノを揃えると仮定します。それでも一般的にには8〜12万円は必要になります。

一人暮らしを初めるために「住まい」とそれ必要な「家具」を揃えると合計で50〜60万円ほど掛かります。これは1ヶ月の生活費、家具、物件の契約料を総合した金額だと思って参考にしてください。

 

仕事探し

上京するためには新たな仕事を探す必要もあります。よく「なんとかなるっしょ!」と勢いで上京する人もいらっしゃいますが、現実はそんなに甘くありません。

実際になんとかなる人もいますが、誰もが出来るわけではありません。路頭に迷う結果にならないためには上京前に仕事を見つけるかもしくは上京後、仕事を探しながらでも生活できる資金を確保することです。

 

 

転職も考えると上京に必要な金額は100万円

ここまで、一人暮らしの上京を想定した考えと必要な資金を述べてきました。

上京に必要な物件と家具家電を揃えるだけで50〜60万円。もし、上京後に仕事を探すとなると、少なくとも合計で100万円の資金を集める必要があります。

いかがでしょうか?これで上京に必要な資金も明確になったと思います。100万円の資金確保は長い道のりではありますが、東京の生活も簡単にはいきません。

東京は物価も高く、月々の生活費も地方と比べると恐ろしく高いのです。勢いで上京すると本当に路頭に迷い兼ねないのでしっかりと準備してから上京してください。

 

「仕事探し」と「住まい」を探すならTokyo Dive

もし、上京に高いハードルを感じるのであれば、一度プロに相談してみるのはいかがでしょうか?

大手のリゾートバイトで有名なアプリリゾートがはじめ、不動産として有名なレオパレスと大手シェアハウスと連携をし、TokyoDiveという会社名で上京を支援するサービスを行っています。

TokyoDiveでは部屋探しにも2つスタイルを提供しています。

1つ目は一人暮らしです。誰もが憧れるプライベートが充実した暮らしです。そして2つ目は、シェハウスを提供しています。こちらは、賃料が安いこともあり、若者に特に人気です。そのため、少ない資金で上京でき寂しい思いをしない生活ができます。

TokyoDiveの大きな特徴としては、2つとも仲介手数料礼金を一切掛けずに提供することができます。また、はじめから家具も一通り揃っており、家賃補助制度もあります。そのため、上京する際も30万円ほどあれば余裕で上京することが可能です。

 

また、上京するため新しい仕事先を探すのもTokyoDiveを支援してくれます。具体的には、

・一般事務
・受付
・営業
・IT関係
・コールセンターの仕事
・ケータイショップ
・ホテル、レストランサービス
・アパレル
・美容関係

などなど、さまざま職種からの紹介をしています。こちらは、未経験からでも仕事ができるほど豊富な案件があるので、是非一度相談してみて下さい。きっとあなたにピッタリな仕事が見つけることができるでしょう。

東京に住んで東京で働く!【TokyoDive】

 

1人で悩まず、まずはプロに相談してみよう!

通常、上京するためには50〜60万円の初期費用がかかりますが、TokyoDiveに相談することによって住居探しと仕事探しを支援してくれます。これは、とても大きなメリットではないでしょうか?

Tokyo Diveを運営する株式会社アプリは、厚生労働省から人材派遣事業と有料職業紹介事業の認可を受けている企業であり、リゾートバイト業界でも有名な会社です。そのため、信頼性や安心性でも信じられる企業といえるでしょう。

あなたの望んでいたライフスタイルが、グッと近くなるチャンスなのかもしれません。もし上京したい気持ちがあるのなら、一度相談してみてはいかがでしょうか?

東京に住んで東京で働く!【TokyoDive】

 

Tokyo Diveのオススメポイント!

・住居探しと仕事探しをする手間が省ける
・様々な働き方が選べる!
・敷金、礼金、仲介手数料などが掛からない
・全てのお部屋で家電、家電付き
※初期費用の50〜60万円程度の初期費用を抑えることが出来ます。
・条件によっては毎月の家賃補助が出る
・シェアハウスでワイワイ暮らすのか、一人暮らしでプライベートが充実した暮らしが選べる
・漠然とした不安もサポートに相談することが可能
・就業中もTokyoDiveのスタッフが継続的にサポート
・先輩の体験談あり

 

 

東京で暮らすための完全マニュアル

こちらは、上京を考えている方向けに必要な情報を集めてあります。

上京したいと行ってもインターネット情報量では、どれが正しいのか迷ってしまいますね。そういった方に向けてコチラでは上京に必要なことをまとめてみました。是非参考にしてください。

一度、上京してしまうとその後戻るこもできません。そのため、上京前の資金やその後の生活に必要な資金については事前に細部まで考えておくことが大切です。

 

上京するために

上京するメリットって?東京で暮らす4つの魅力

上京で住んでいはいけない場所を選ばないための3つの手順

上京後、はじめての東京ぐらしでも友達はできるのか?

上京するための3つの方法

 

転職と上京

 転職して上京する方法

転職して上京するメリットとデメリット

転職して上京するための費用

 

シェアハウスと上京

シェアハウスとは

安く上京するならシェアハウス

シェアハウスの種類

 

引越しと上京

引っ越しをする前に知ってほしいこと

引っ越しに必要なコツ

 

〇〇な人でも上京する方法

貧乏でも上京できる3つの方法

親に反対されても上京する方法

服装がダサくても上京する方法

無職でも上京する方法

フリーターでも上京する方法

 

上京計画をするならプロに相談してみよう

上京するには、まず皆さんも少なからず計画を立てると思います。ただ計画を立てると転職や必要な資金も一緒に考えるので、人によって複雑になり時間が掛かることもあります。

また計画を作成するとき、上京するための資金も考えますね。

その中でも、上京後にどうやって生活するのかという点は非常に重要です。家賃と生活費がどのくらい掛かるのか。東京のどの地域に住むのか。仕事先はどするのか。などを考慮して、あらかじめ上京計画に組み込んでおきましょう。

もし、1人で考えることに難しいを感じたのなら、まずは上京のプロに相談してみてはいかがでしょうか?あなたが長年抱いてきた暮らしが実現できるかもしれません。

⇒東京に住んで東京で働く!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シェアハウスに住むための条件、合う人

NO IMAGE

貧乏でも上京できる3つの方法

NO IMAGE

上京で失敗しないために大切なこと

引越し前に知っておいて欲しい。シェアハウスで異性と暮らすということ

シェアハウスを入居する前に必ず1度は内見をしよう

NO IMAGE

アプリリゾートで上京する方法